ヘルニアの激痛にブロック注射が効かない理由

※『椎間板ヘルニアの激痛に対して、ブロック注射をしても、レーザー治療をしても、手術をしても効かない理由』が最後に記述してあります!

[ブロック注射をしても効かなかった:例1]

はじめまして。FSと申します。
腰椎5番の椎間板ヘルニアと診断され神経根ブロック注射をしましたが、全く効果がなく、神経根ブロック注射をしてから腰の痛みが更にひどくなり激痛の為、数日間身動きが出来ず寝たきりでした。
神経根ブロック注射した後の方が、痛みが増大し、激痛のため立っていることすら出来ず、杖がなくては歩けない状態になりました。
その後、保存療法となり投薬治療となりました。
それから今日まで2年経過しましたが、未だに、腰痛と右坐骨神経痛が治まっていない状況です。
現在の状況は、10分間ほど歩くと辛くなり、腰の痛みのためじっと立っていられない状況です。
車の運転においては、車の振動が腰に響き痛みが強くなり、15分程度運転すると耐えられなくなります。
こんな状態ですが、貴院で、治療すれば治るでしょうか?


[ブロック注射をしても効かなかった:例2]

ご相談したいことがございます。私はOTと申しまして、厚木在住23歳女性です。
座って立とうという動作が出来ずに困っております。
経緯をお話ししますと、仕事はPC作業で姿勢も悪い状態でしたので、いままでちょくちょく腰痛があり、11月から足のしびれが出るようになり、12月には立つことや座ることが困難、足のしびれが酷い状態で、
30分も座っていられない状況で、12/26にMRI検査をうけたところ、椎間板ヘルニアということがわかりました。
その後整形外科で湿布薬や痛み止め、電気治療、牽引をしていましたが、29日に起き上がろうとしたところ、今までに感じたこともないような痛みに襲われ倒れ、そのまま救急車で搬送されました。痛み止めのブロック注射をしましたが効き目がなく、そのまま安静目的で入院となりました。

痛み止めとコルセットで安静にし、やっと車椅子に乗れるようになりました。動くようにはしていますが、トイレのたび激痛で動きづらく、もう入院して3週間ですが、立つことができなくて焦りを感じております。動いていなければ、太ももの裏も左足も痛まないような現状です。

しかし、激痛に耐えて動きまわったほうが良いのか?分からず。また、動き回ったら、とんでもない痛みが来るのではないかと恐怖です。

こんな状態で退院して、貴院での治療が可能でしょうか?

[ブロック注射をしても効かなかった:例3]

初めまして。NTと申します。
昨年12月ころから、左足の坐骨神経痛が出てきて、少しずつ改善していましたが、5月の始めから痛みがひどくなり、近くの整形外科クリニックでMRIをとったところ、腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。

痛み止めの薬で様子をみましょうということで、様子を見ていましたが、改善されず、会社の方から、もっと大きな病院で診てもらった方が良いとのことで、慈恵医大病院を紹介してもらいました。
そちらで、5月の下旬からブロック注射を週1回、計4回打ちましたが、2日くらいは楽ですが、その後戻ってしまうので、現在は、ブロック注射は中止し、また様子見、という状況です。
こんな状態ですので、貴院で、治療したいと思っています。
どいすればよいでしょうか?

[ブロック注射をしても効かなかった:例4]

はじめまして。KJと申します。
4週間前に腰の痛みと右足のしびれと痛みで歩行困難になり、整形外科受診しMRICTミエログラフィをやり、椎間板ヘルニアと診断されました。

L5S1のヘルニアだそうです。歩行出来ない為、そのまま入院し、硬膜外ブロックをしましたが効果がでず、神経根ブロックしても歩けませんでした。

今は足腰の痛みで歩けなくなりました。
手術するかで悩んでいます。

このような症状でもそちらの接骨院なら治療できますか?

[ブロック注射をしても効かなかった:例5]

初めてメールをします○内○典と申します。よろしくお願いします。
腰の椎間板ヘルニアで検索をし、貴院のページを見つけました。現在、昨年12月始めから会社を休んでいます。休み始めて1カ月半ほどになります。
症状は、左足の痺れと、左側の腰、知りの痛みです。横になれる時間は2時間ほどで、腰の痛みで寝続けることができません。姿勢は前かがみで、腰がひけているような状態です。

現在、脊椎の専門医がいる整形外科にかかっていまして、仙骨のブロック注射を2回、5番の神経根ブロックを1回、その下の仙骨部分への神経根ブロックを1回試しました。

診断は3-4間が右側へ飛び出たヘルニア、4-5間が左側へ出たヘルニア、5-S間も少し左側がヘルニアっぽい、というもので 5番の神経根ブロックをすると、15分程は、痛み、しびれが軽減しますが
長続きせず、痛みが出てきます。
普段は痛み止めの薬を飲んで耐えています。
何とか手術を避けたい、というのが私の考えです。
このような場合でも良くなる可能性があるかどうか、教えていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

[ブロック注射をしても効かなかった:例6]

○楠○代子と申します。よろしくお願いします。
椎間板ヘルニア及び、それによる坐骨神経痛で、痛みのストレスをもって、10カ月になります。
整形外科には3月から診断と治療を受けおり、先月、神経根ブロック注射を受け、あまり効果がないので
手術も考えるほどです。

できるだけ、自然に治したいと日々葛藤、そちらの集中通院を希望したいと思います。
東京杉並区に家族がいますので、そこから通院したいと思いますが可能ですか? よろしくお願いいたします。

[ブロック注射をしても効かなかった:例7]

浅○秀○と申します。
昨年12月に右股関節の激痛で歩けなくなり、整形病院で腰椎変形すべり症と診断され、
1週間入院し、神経根への神経ブロック注射で歩けるようになりましたが、朝起きた時に、尾骶骨部に鈍痛があり、又右足先はずっと痺れています。
現在は血流を良くするための薬(オパルモン錠)を服用しています。
6月までは状態も良く問題なかったのですが、最近になり、尾低骨部の鈍痛が強くなると共に、腰が1日中痛い状態が続くようになってきました。
このような症状でも状態は良くなるでしょうか?
宜しければお伺いしたいと思っております。

[ブロック注射をしても効かなかった:例8]

梶○忠○と申します。
去年の8月頃から左脚の付け根が痺れだし、だんだんと酷くなり、去年末には、座ると痺れが酷くなり数秒で痺れから痛みになり、座れない状態になって、
病院に行きMRIを撮ったところ、5番目が、かなり軟骨が出ていてヘルニアになっていると言われ、
手術が必要と言われたのですが、違う所に行きレーザー手術を1月10日にしました。
ところがいっこうに良くなららず、
2月6日にもう一度、MRIを撮ったのですが前回とほぼ変わらない状態でした。
今も数分しか座れません。その他は、少し痺れて痛い位です。痛いところは、左足の付け根だけです。歩く事も出来ます。ただ座れないだけです。このような症状で3日、6日コースを受けたら治るのでしょうか。
ご意見をお聞かせ下さい。
もう、すがる気持ちなんです。宜しくお願いします。

[ブロック注射をしても効かなかった:例9]

尾○健○と申します。
症状:昨年11月末に腰痛で整形病院に行き、MRIを撮り、椎間板ヘルニアと診断されました。右側に圧迫していまして、右側の腰と右側の股関節の外側が、常に、ジンジンという痛みがあります。特に、寝て朝起きる時は一度起き上がっても、しばらくすると激痛でまた、寝床にもどるという繰り返しで、大変痛みがひどいです。
痛みがひどく、なんとかしたくて、その整形病院の紹介で12月20日に北浦和の社会保険病院に行き、25日にブロック注射をしていただきましたが痛みが癒えないままです。どいしたらよいかと言う時に妻より、古澤先生の話を聞き、今回、連絡した次第です。できましたら明日、通院したいと思っております。何卒よろしくお願い致します。

[ブロック注射をしても効かなかった:例10]

はしめまして。福○達○と申します。私は現在、椎間板ヘルニア(L4-L5、L5-S1)により、整形外科の治療(ブロック注射、内服薬、シップ薬)を受けておりますが、10か程前のブロック注射で両大腿側面(特に左側)の痛みに加え、臀部から両足踵にかけてしびれ(麻痺に近い)が新たに発生し、 排便、排尿に支障をきたすようになりました。
手術を覚悟で済生会川口総合病院の整形外科を受診しましたが、手術は3カ月先まで出来ないと言われ、治療方法も現状の治療以外にないとけんもほろろでした。そこで、インターネットで椎間板ヘルニアの専門医等を検索していたところ、古澤先生のホームページを見つけた次第です。
もし、治るものでしたら、是非治療を受けたいと思い、ご相談のメールをいたしました。お忙しいとは存じますが、アドバイスをお願い申し上げます。

◆コメント:上記した内容が、ブロック注射をしたが効果が不十分であった為、当院に問い合わせのメールを頂いた椎間板ヘルニアの患者さん達の訴えです。ブロック注射が効かないと言っているのではありません。ブロック注射が効いた方は問題が解決したので、こんあ心配は当然なくなっているのです。上記した内容は、ブロック注射が効かないケースもあるということをお知らせするものです。では、どうしてブロック注射で聞かない人がいるのか?・・・を下記に記述いたします。

 

◆『椎間板ヘルニアの激痛にブロック注射をしても効かない理由』◆

それは、ヘルニアの痛みの原因が、2つあるからです。
一つ目は、ヘルニアによる「神経根の痛み」と、
二つ目は、ヘルニアを発症させた「根本原因から来る痛み」、
この2つの原因から椎間板ヘルニアの痛みが起きているからです。
そして、ブロック注射・レーザー治療・手術は、
一つ目のヘルニアによる「神経根の痛み」にタイしては効果がありますが、
二つ目のヘルニアを発症させた「根本原因から来る痛み」に関しては、対処出来ない為、痛みが残ってしまうのです。
二つ目のヘルニアを発症させた根本原因となるところが、「仙腸関節の障害」なのです。
よって、ブロック注射をしても「仙腸関節の障害から来る痛み」が残っているので、
効かないのです。

※当院では、一つ目のヘルニアによる「神経根の痛み」に対しては、痛みの原因部位である腰痛を減圧式矯正法で改善させます。
更に、二つ目のヘルニアを発症させた「根本原因(仙腸関節の障害)から来る痛み」に対しては、痛みの原因部位を超AKA療法(仙骨・後頭骨テクニックと元返し療法)で改善させます。
よって、椎間板ヘルニアの痛みは、私の施術により“治らない痛み”が“劇的に、劇的に、解消されて行く”のです!!

通院ガイド(初診時の準備/診療料金/交通案内)

診療の予約

当院は予約制をとっております。治療の予約はご都合に合わせて次の3つ予約が可能です。
★効果を早めに出すためには早期回復3日・6日コースをお勧めします。

インターネットで
予約
毎日24時間受付可能です。
こちらからどうぞ。
お電話での予約
048-263-7500
平日=午前9:00~13:00/
午後15:00~19:00
土曜=午前9:00~13:00/
午後15:00~18:00
木曜午後・日曜・祝日は休みです。
窓口で予約
来院時に受付にて お申し出ください。

★初診時に準備するもの

※正確な判断をするために初回日は出来るだけ薬や痛み止め等は、服用せずにご来院下さい。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

診療料金

初めての患者さんへ

椎間板ヘルニア・逆流性食道炎・顎関節症・ぎっくり腰・慢性疾患・内科的疾患等の カイロプラクティックの施術は、全額自由診療(自費治療)となります。

  • 1つの疾患に対する『料金』は初回14,040円となります。
  • 2回目以降7,560円となります。
  • 2つの疾患を同時に施術する場合、別に1,080円の加算となります。

遠方の方へ

※当院の治療法は、高度な技術を必要とする独自の治療法です。まだ伝授者がいない為、他院を紹介する事が出来ません。恐れ入りますが遠方でも御来院下さい。遠方から来られる方には、手ごろな宿泊所をご紹介します。

こちらをご覧ください

交通案内・駐車場

住所:埼玉県川口市南前川2-11-17 電話:048-263-7500

※カーナビをご使用の際は住所でご指定ください。電話番号では間違える可能性があります。