ヘ ル ニ アの原因・対策

椎間板ヘルニアとは、解剖学的には軟骨からなる腰椎椎間板の線維輪が破れ、軟骨組織からなる中央部の髄核が脱出して仙骨神経叢(L4~S3)に属する坐骨神経根を圧迫・刺激することをいいます。

原因としては、長時間立つことが多かったり、中腰の姿勢が多かったり、慣れない労作業を長時間行なったりして、腰に繰り返し負担をかける(ストレスの反復)ことにより骨盤の仙腸関節のズレと腰椎下部のズレにより腰椎椎間板の線維輪が弱り、ストレスに対する弾力的反発力を減少させることとなり、顔を洗う時などに中腰になったり、あるいは上半身を急に捻ったりした時に下部腰椎間にわずかな負担がかかることで椎間板の線維輪が断裂し髄核が脱出し、腰椎椎間板ヘルニアになります。


症状としては、坐骨神経根が圧迫・刺激されることにより腰部全体、臀部、大腿部、下腿部、趾(足の指)まで全域にわたって広範囲に痛み(電撃痛、灼熱痛、鈍痛、圧痛など)・知覚異常(しびれ感)強い筋緊張・筋力低下などが現われます。さらに、腰部の筋肉に強い緊張があるため、腰部を曲げたりしても、まっすぐ立っていても痛みが起き、その痛みから逃げるために体が左右に傾く人も多く、また、座った状態を維持していると痛みが増し病状も悪化します。

対策としては、背骨の土台となる骨盤を形成する仙骨と腸骨のズレを矯正し、まず土台を安定させた上で、更に重要なのは、ヘルニアの突出部の上下の腰椎の異常変位を減圧的に矯正し、ヘルニアの突出部の腰椎椎間を広げてあげることにより椎間板への圧迫を減圧してあげる事により、椎間板軟骨の髄核の突出を元に戻してあげ、ヘルニアの突出状態を治してあげます。

それと共に急性期の一週間程は冷湿布を行い、安静を心がけ、出来るだけ横になり寝ている事が大切です。その時仰向けで両膝を曲げて寝ていてください(えびのように横になって寝ていても結構です)。

起きているときは、しっかりとヘルニア用のコルセットで腰部を固定しておく事が必要です。そして、痛みの強い間は、中腰になることや座り続けることなども極力避けることが大切です。

治るまでの期間は、関節の軟部組織も改善していかなければなりませんので大体、治療を受けながら約二ヶ月程はかかりますが、急性期の激しい痛みがなくなっても無理せず、腰椎椎間板の軟骨組織の修復に絶対的に必要な栄養であるコンドロイチン(1200mg/日)やグルコサミン(1500mg/日)など を摂取されながら治療に専念されることが必要充分条件です。

治療を受けても痛みの強い人が途中で治療を中断すると、腰椎や仙腸関節の難治性の軟骨が傷ついているので放置状態では治りにくく再発性の椎間板ヘルニアや再発性の慢性腰痛症やその他色々な不定愁訴(めまい・ふらつき・耳が遠くなる)が出るようになってしまいますので最後まで完全に治した方が良いです。

椎間板ヘルニアの予防と治療

椎間板ヘルニアは遺伝だった?富山医科薬科大川口助手らの研究から(2007/06)-

国内に100万人の患者がいるとされる椎間板ヘルニアの原因遺伝子の一つを
理化学研究所遺伝子多型研究センターと富山医科薬科大の川口善治助手らのグループが突き止めました。

★★この遺伝子の変異が★★
軟骨細胞の再生を過剰に抑制し、
椎間板ヘルニアの発症に
つながると考えられています。

この発見により、治療研究の大幅な進歩が期待されています。

上記の研究結果から判断して考えてみると
たとえ、椎間板ヘルニアの発症に遺伝が関係していても、

軟骨細胞の再生を活発にする
良質なグルコサミンやコンドロイチンを必要量摂取すれば

椎間板ヘルニアの発症の予防にもなるし、
治療にもなるということが推測されます!


■椎間板ヘルニアの神経圧迫の程度と痛みの現われる領域

圧迫の程度(小)

 

圧迫の程度(中)

 

圧迫の程度(大)

 

※荻島秀男著書から抜粋

 

治療前

 

治療後

 

こんなに重症なヘルニアでも1ヶ月ほどで痛みがなくなりました。

通院ガイド(初診時の準備/診療料金/交通案内)

診療の予約

当院は予約制をとっております。治療の予約はご都合に合わせて次の3つ予約が可能です。
★効果を早めに出すためには早期回復3日・6日コースをお勧めします。

インターネットで
予約
毎日24時間受付可能です。
こちらからどうぞ。
お電話での予約
048-263-7500
平日=午前9:00~13:00/
午後15:00~19:00
土曜=午前9:00~13:00/
午後15:00~18:00
木曜午後・日曜・祝日は休みです。
窓口で予約
来院時に受付にて お申し出ください。

★初診時に準備するもの

※正確な判断をするために初回日は出来るだけ薬や痛み止め等は、服用せずにご来院下さい。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

診療料金

初めての患者さんへ

椎間板ヘルニア・逆流性食道炎・顎関節症・ぎっくり腰・慢性疾患・内科的疾患等の カイロプラクティックの施術は、全額自由診療(自費治療)となります。

  • 1つの疾患に対する『料金』は初回14,040円となります。
  • 2回目以降7,560円となります。
  • 2つの疾患を同時に施術する場合、別に1,080円の加算となります。

遠方の方へ

※当院の治療法は、高度な技術を必要とする独自の治療法です。まだ伝授者がいない為、他院を紹介する事が出来ません。恐れ入りますが遠方でも御来院下さい。遠方から来られる方には、手ごろな宿泊所をご紹介します。

こちらをご覧ください

交通案内・駐車場

住所:埼玉県川口市南前川2-11-17 電話:048-263-7500

※カーナビをご使用の際は住所でご指定ください。電話番号では間違える可能性があります。